basic_white_banner01

2006年02月11日

ラグビー(7)

トリノオリンピックもサッカー強化試合も盛り上がっていますが、ラグビーも明日は日本選手権2回戦。NECvsコカコーラWJ、トヨタvs早稲田大学。ともに注目の一戦です。確かに試合自体はNEC,トヨタが圧倒的に優位ですが、それでもコカコーラ、早稲田がどこまで食らいつくか、注目です。特に早稲田は五郎丸選手も先発で出るようで、ほぼベストの布陣で試合に臨めるようです。大学選手権から間隔が開きすぎの感は否めませんが、清宮監督の下、しっかりと調・しているはずです。前半をリードして、トヨタにFW戦に固執させられれば面白いゲーム展開となるでしょう。早稲田は大学生相手の時のように、面白いようにFWがボールを出すことは出来ないと思います。よってハーフバック団も自由に動くことは出来ないでしょう。それでも何か期待させるものが、今年の早稲田には確かにあります。トヨタは昨年同様、やりにくい闘いになると思います(観客の9割は早稲田の応援でしょうから)が、正面から胸を貸してあげてもらいたいものです。明日は秩父宮で観戦です。早稲田効果もあり、指定席も売り切れらしい・・・。NHKも計ったように2時からの中継ですが、地上波でも放映されます。ラグビーの人気が上がるためにも、早稲田には感動を呼ぶような試合を見せて欲しいものです。わーい(嬉しい顔)
posted by きりきり at 16:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー(2)

サッカー日本代表のW杯開催年初戦、非常に厳しい試合でしたサッカー。「3-6-1を試す試合」と言われていましたが、それ以前の問題だったように感じます。よく2-3というスコアでおさまりました。ピッチコンディションが悪いとは言ってもそれは相手も同じ訳で、キープミス、マークミス、競り合いで負け続けるなど、前半は完全なワンサイドゲーム・・・。あえて3-6-1のシステムに触れるとしても、久保が孤立、2列目も上がれないのでは厳しいですがく〜(落胆した顔)。日本代表はベストの布陣ではなかった、コンディションが悪かったと言っても、W杯ではそういう試合を余儀なくされることもあり、本当に不安を感じさせる試合でした。後半、足が止まったアメリカ相手とはいえ、巻が競り合いながら1点取り、中沢が合わせて2点目を取ったことがせめてもの救いだったように思います。本番まで5試合(最後のドイツ戦は最終調整ということも考えれば実質4試合)、どう立て直すのか、深刻な課題が残った試合でした。とは言っても各選手がコンディションを上げ、チームとしての精度を上げていくしかありません。あと4ヵ月・・・、時間は少ないですが頑張って欲しいです。頑張れ、ニッポン!サッカー
posted by きりきり at 14:58| Comment(3) | TrackBack(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。