basic_white_banner01

2006年03月01日

ラグビー(16)

今日は先日発表されたラグビー日本代表について、思ったことを書いてみたいと思います。まず、フランス合宿のメンバーですが、エリサルドヘッドコーチの「ビジョン」を踏まえてのものだと思うので、ある程度は納得できます。エリサルド氏の発言は次のようなものでした。「フランスでの合宿は、日本人としてのアイデンティティの確立。ラグビーの選手としてトータルで一流になること、グラウンドの内外を問わず。選手・スタッフの役割の明確化、といったことを目的に行います。選出した34名で、4月のラグビーワールドカップアジア地区予選(アラビアンガルフ戦、韓国戦)を戦います」(日本ラグビーフットボール協会公式HPより)。納得は出来るのですが、「日本人としてのアイデンティティの確立」・・・、難しいですね。日本ラグビー自体が模索を続けてきた中で、「日本人としてのアイデンティティ」という表現は大きすぎる気がします(通訳がおかしいのでしょうか?)。もちろんここには「日本ラグビーの目指す場所」という意味が強いのだとは思いますが、日本代表のファンはそこに注目をしているはずです。この合宿を通じて、エリサルド氏の考える「日本ラグビーの目指す場所」(勝手に翻訳)をワールドカップアジア地区予選で見せて欲しいと思います。あとは、箕内選手の選考については多くの方もあらゆる場で意見をしていました。他の選手に関する選考基準が明確であったのに対して、箕内選手に関してだけは抽象的な表現でした。「箕内になにかが足りなかったということはない。持ちすぎているくらい持っていると考えています。彼とも今回の件に関して話しています。彼に問題はありません。彼は質の高い選手であるし、人間的にも責任感がある。今後、彼が必要になることもあるでしょう」(日本ラグビーフットボール協会公式HPより)。私は個人的には、やはり今の日本代表には箕内選手が必要な気がします。立川選手のように明確な理由(怪我)があるならばやむを得ませんが。まぁ、これから暗中模索してチームを作っていくと思いますが、誰が見てもベストに近いチームを作って、秩父宮での試合を観戦させて頂きたいと思います。日本代表を応援していきたいと思います!
posted by きりきり at 18:28| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。