basic_white_banner01

2006年03月10日

サッカー(5)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦の4試合が先日行われました。昨季準優勝のACミランがホームでバイエルンに4−1で圧勝。2戦合計5−2で準々決勝進出を決めました。インザギが2得点、シェフチェンコ、カカがそれぞれ1得点を決め完勝に近い形で、昨季リベンジに向けて好スタートを切りました。アウェーで1−1で切り抜けたことで、圧倒的にミランが優位だと思っていましたが、ここまで差がつくとは思いませんでした。バイエルンの不調に大きな原因があるとは思いますが、ミランもバルサとともに優勝候補筆頭に挙げられるでしょう。バイエルンのオリバー・カーンは4失点の上、シェフチェンコに暴言を吐くなど最悪の結果でした。どうも最近のカーンは空回りしているような感じです。アーセナルでドイツ代表GKのレーマンが好セーブを連発したので、代表の座も怪しくなってきましたね。そのアーセナルはレアルを完封してベスト8進出。昨日地上波でも放映していましたが、両チームともかみ合った良いゲームをしていたと思います。点数こそ入りませんでしたが、最後まで緊張感溢れる試合でした。ただベッカムやロナウドは動きにキレがない感じがします。ベッカムはともかく、ロナウドも代表レギュラーの座が怪しくなってきました。また、ホームではありましたが最も危惧していたリバプールは予想通り好守に制裁を欠き敗戦。連覇はなりませんでした。1試合目の内容を見て、難しいと思っていましたが残って欲しいチームでした。気持ちで勝てるほど甘くはありませんが、リバプールは1回戦をクリアすれば不気味な存在になっただけに残念です。また、昨季4強のPSV(オランダ)はリヨンに敗退。オランダ代表MFコクーが退場したのが響きました。決勝はサンドニなので、リヨンがもう1つ勝ったら盛り上がりそうですね。今日抽選がありますが、ミランとバルサが当たらないように祈ります。サッカーサッカーサッカー
posted by きりきり at 11:33| Comment(1) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。