basic_white_banner01

2006年03月21日

ベースボール(9)

日本、優勝おめでとうございます! 良い試合でした。キューバも最後まで底力を見せて粘る中、日本は最終回突き放して勝つという「強い勝ち方」で優勝を決めました。本当に良かったですわーい(嬉しい顔)。何度も書いてきましたが、この大会自体盛り上がるのか不安視される中で、日本にとっては多くのものをもたらしてくれた大会だったと思います。商業的には、アメリカが早くに負けてしまったことなどもあり、大会の存続にも不安がありますが、個人的にはぜひ続けて欲しいと思います。今後続けていくためにまず改善しなければいけない点として、@すべてのプレイヤーが参加したいと思う世界大会にすること。今年は日本だけでも松井選手や井口選手が不参加を表明したり、アメリカも真の意味でのベストではありませんでした。サッカーW杯のように世界のリーグ戦が協力して大会運営していく形を取らなければ難しいと思います(サッカーでW杯に出たくないという選手はいないのですから)。次にAベースボールのルール統一。今大会もアメリカの審判がほとんどを占めたわけで、多くの判定に問題がありました。試合の審判は第3国が行うのは、世界の常識であるはずです。世界でボールの大きさやストライクゾーンが異なるから、アメリカの審判がやることになったわけで、このようなことはワールドスポーツとして低レベルです。世界的に統一したルール無くして、世界大会の存続は難しいです。最後にBワールドシリーズのような複数対戦型。サッカーならば仕方ないですが(第3国で1回勝負)、野球は準決勝あたりから3勝先に勝った方が上へ行くという形を取った方が、真の世界一を決める大会に相応しいと思います。大会日程の関係もあって難しいのであれば2勝でも構いません。このようなことを踏まえると、世界大会は毎年は難しいという結論に落ち着くわけです。サッカー、ラグビーが4年に1度というのもやむを得ないわけで、WBCも4年に1度でも良いのではないでしょうか。今大会を通じて、野球の素晴らしさを感じた人たちも多いと思います。1回キリの大会にせず、これからもWBCをさらに素晴らしい大会にしていって欲しいと思います。野球野球野球
posted by きりきり at 16:03| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。