basic_white_banner01

2006年04月05日

サッカー(8)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグは4日、ミラノなどで準々決勝第2戦の2試合が行われ、昨季準優勝のACミランと初出場のビジャレアルが準決勝進出を決めました。ACミランはリヨンを3−1で破り、1勝1分けでの準決勝進出。ただ得点差以上に厳しい試合でした。1−1のまま試合が終わればアウェーゴールで敗退のACミランは、後半43分にインザーギが勝ち越し点を決め、ロスタイムにシェフチェンコが加点してようやく勝ったという内容でした。ただ、ここまでくれば試合内容云々よりも勝ったことがすべてです。リヨンはスター選手こそいませんが、良いチームだっただけに残念です。3季連続の準々決勝敗退ですが、来季も頑張って欲しいです。また、危ないと思っていたインテルですが、予想は当たりビジャレアルがホームでインテルに1−0で競り勝ちました。2試合の合計は2−2でしたが、アウエーゴール数でビジャレアルが上まわり、準決勝進出を決めました。第1戦でアドリアーノが決め逆転勝ち。波は良いと思われましたが、CL最大のポイントでもある「アウェーゴール」の恐ろしさをまざまざと見せつけられる結果となりました。以前も書きましたが、ビジャレアルの闘いぶりはCLにおいて安定していました。失点の少なさから、先制すればもしかするとという期待はありました。リヨン同様、スター選手こそ他のチームと比較して少ないですが、まとまったチームだけに今後の試合も注目です。今晩はバルサとアーセナルが有利だと思いますが、圧倒的な得点力を誇るユベントスの反撃にも注目です。目が離せません。サッカーサッカー
posted by きりきり at 09:51| Comment(4) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。