basic_white_banner01

2006年04月28日

サッカー(13)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ準決勝第2戦、バルセロナがホームでACミランを0−0に抑え、2戦合計1−0で決勝進出を決めました。バルサはロナウジーニョがゲームを支配、カンプ・ノウを埋めた9万5000人の観衆の後押しも大きかったと思います。唯一、ミランのシェフチェンコのゴールは微妙でしたが、それ以外は全体的にバルサがゲームを支配していました。バルサはロナウジーニョのほか、第1戦を警告で欠場したデコが良い動きを見せていました。また守備的にはならず、あくまでも攻撃的なサッカーを続けたことも勝利につながったと思います。これでバルサは、92年以来のタイトルに大きく前進しました。バルセロナとアーセナルの対決、バルサ有利だと思いますが、1回勝負はわかりません。10戦連続完封しているアーセナル守備陣をバルサがどう崩すか。またカウンターからアンリがどのような動きを見せるか。決勝は5月17日にフランス・サンドニです。両チーム、怪我人なども体調を戻してベストの布陣で、歴史に残る試合を魅せてもらいたいと思います。サッカーサッカー
posted by きりきり at 16:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。