basic_white_banner01

2006年04月30日

競馬(4)

今日は古馬G1天皇賞が京都競馬場で行われ、ディープインパクトが3分13秒4のレコードで見事優勝。これでクラシック3冠に続き、4冠を達成しました。レースの展開上、他馬が早め早めの動きをしなければ勝負にならないという意識が働く中で、4コーナー手前で馬なりに上がっていく姿には鳥肌が立ちました。少し早すぎるのではないかという4角先頭も、異次元の強さで押し切り。2着のリンカーンも一瞬、食い下がるかというくらい頑張りましたが、差は直線に入ってからもまったく縮まりませんでした。自分で勝ちに行くレースをしての3馬身半差は、改めて国内無敵を印象づけました。唯一、勝負付けが済んでいないハーツクライと再戦するのは、イギリスでのキングジョージになると思いますが、場合によっては凱旋門賞でという夢も膨らみます。サンデーサイレンスの究極形が、ヨーロッパで走る姿は絵になるはずです(まぁハーツクライも、サンデーとトニービンの血を引いているのですが)。これからもディープに注目していきましょう!犬
posted by きりきり at 19:17| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。