basic_white_banner01

2006年05月12日

ラグビー(28)

とうとうこういうことが起こってしまった、という感じです。矢富選手の日本代表辞退・・・。日本代表vsグルジア代表の試合が行われる同日、西京極で行われる早大−同志社大戦出場を選択した為、日本代表を辞退したという記事を見て大きなショックを受けました。新聞報道に「SHには池田、伊藤両選手が代表入りしているため、矢富選手はスターティングメンバーに選ばれる可能性が低かったという判断をした」とありました。それでも国を代表するチームに選ばれた選手が、体調不良というわけでもなく練習試合で辞退などという話は、他のスポーツでも聞いたことがありません。日本代表(エリサルド・ヘッドコーチ)がSHだけでなくSOを急造でやらせ、ユーティリティプレイヤーとして呼ばれたこと、またエリサルド・ヘッドコーチの「早稲田ではタックルをする必要がないから」という発言に対する早稲田大学サイドの反発という見方も出ていますが、いずれにしても日本ラグビーにとっては大きな損失だったと思います。早稲田大学、また矢富選手が悪いか日本代表が悪いかといった問題ではなく、もう一度きちんと話をして、辞退の経緯等を明確にしておくことが必要だと思います。これからの日本代表の士気にもかかわる問題。ここ数試合言われ続けている「精神面」もこれでは期待できません。日本代表に選ばれることを誇りに思い、死に物狂いで闘っているサッカーを初め、多くのスポーツを見習わなければいけません。そしてこの問題については選手個人というよりも、こういう体質になりつつある協会が考える必要があると思います。今回の件は多くのラグビーファンに怒りよりも哀しみを与えたことは間違いありません。太田GMを中心として「こんなこと、聞いたことがない」などと1ファンみたいなことを言っていないで、今後の対応について考えて欲しいと思います。
posted by きりきり at 18:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。