basic_white_banner01

2006年05月18日

サッカー(16)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグは17日、サンドニで決勝が行われ、バルセロナがアーセナルを2−1で降し、14季ぶり2度目の優勝を果たしました。今朝は早く起きて試合観戦。完全に寝不足ですが、流石のプレイに酔いしれました。バルサは前半37分、アンリのFKをキャンベルが頭であわせて先制、その後10人で引き続けるアーセナルを崩すのに時間が掛かりましたが、後半31分にエトーのシュートで同点。5分後、ベレッチが勝ち越しゴールを決めて見事逆転。とにかくアーセナルは前半18分にGKレーマンが一発退場となり、人数的に不利な戦いを強いられました。反則を流してゴールを認め、レーマンはイエローカードでも良かったと思います。前半、予想以上にアーセナルが攻めていただけに試合の展開としては残念でした。ただ、エトー、ラーション、ロナウジーニョを中心とする後半の攻撃には厚みがあり、イングランド代表守備陣を彷彿させるアーセナルのDFとの攻防は見応え十分でした。バルサのファンタスティックなサッカーが、ヨーロッパの頂点に立ったことを嬉しく思います。

posted by きりきり at 21:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。