basic_white_banner01

2006年06月19日

サッカー(25)

日本代表、残念でした。というより、まだ世界で戦うには早いのだなということを痛感させられた試合でした。スピードもスタミナも、判断力も決定力も。そして、何より「情熱」・・・。スポーツが技術と戦術に全てを委ね、情熱という言葉が忘れられている昨今、外国の選手たちのプレイを目の当たりにして、背負っているものの重さの差を感じました。日本人の多くが「自分のためにプレイする」という中で、多くの外国の選手は「家族のために、国のために」という言葉を口にします。それを聞いて、大きな差を感じました。終盤、足が全く動かなくなる選手が続出する中で、日本のサッカーが世界に追いつくことは可能なのか、それをぼんやりと思っていました。あと1試合、背負うものの重さを感じて、未来につないでもらいたい。最後まで、情熱を持って戦って欲しいです。
posted by きりきり at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラグビー(37)

先日の訃報を聞き、驚きと早すぎるという悲しみの気持ちで一杯になりました。元日本代表監督の宿沢広朗氏が55歳という若さで亡くなりました。宿沢ジャパンが1989年、対スコットランド戦で勝利を挙げたとき、私は浪人生でした。友人と秩父宮で感動のあまり飛び上がり、隣に座っていた老人が涙を流していたあの試合・・・、私にとって一生の宝となる試合でした。日本ラグビーの独自性を示そうという展開ラグビー、今のチームには感じられない、ポリシーを持っていたと思います。まだまだ日本のラグビーのために活躍して頂きたかったです。誇りを持って戦うチーム・ジャパンを作ってくれた宿沢氏のご冥福をお祈りしたいと思います。本当に、お疲れさまでした。
posted by きりきり at 19:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。