basic_white_banner01

2006年08月20日

ベースボール(14)

今日のスポーツニッポンの1面の写真、「斎藤!早実の歴史変える 王手」という大見出しとともに載っていた写真。良い写真でした。今年見たスポーツ紙の1面の写真としては最も印象に残る写真でした。甲子園大会準決勝、早稲田実業vs鹿児島工の試合終了後、敗れた鹿児島工の今吉晃選手が早稲田の斉藤投手に笑顔で手を挙げ激励し、それに斉藤投手を初め早稲田ナインが皆笑顔で応えている写真・・・。先日の準決勝、6回2死3塁。代打で出場したムードメーカー今吉晃選手、気合いを入れて大声で挨拶する姿に甲子園はわきました。ここで打てば流れが変わる大事な場面、ムードメーカーの気合いに、斉藤投手は真っ向勝負のストレート145キロ。全力で空振り三振して悔しがる今吉晃選手を脇目に、いつもクールな斉藤投手が珍しく右手を突き上げました。真剣勝負の醍醐味を見たように思いました。先日、プロ野球オールスターで藤川球児投手が清原選手にストレートで勝負を挑んだのと同じような、勝負を「超えた」真っ直ぐさを感じました。私は個人的に高校野球を必要以上に賛美することには反対です。ただ、高校野球に限らず、選手が勝負の中で子どものように楽しんでいる姿を見ると、心に熱いものがこみ上げてきます。そういう意味で先日の勝負は清々しく、そしてこの写真も印象的にうつりました。スポーツニッポンがこの写真を1面で使ったこと、ここにスポーツ紙の記者の「目」があると思います。今日は決勝駒大苫小牧vs早稲田実業、どちらが勝っても悔いの残らない真剣勝負を期待しています!野球
posted by きりきり at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。