basic_white_banner01

2006年04月08日

ラグビー(21)

ラグビー日本代表のフランス合宿も半分を過ぎ、練習試合も3試合こなしました。ダクス選抜とバクス選抜には勝ったものの、コニャック選抜には敗退。代表として、簡単に地元の選抜チームに負けてしまうのは残念なことです。それにしても、負けた試合のレポートで「気持ちの部分で足りない」というコメントが多く見られたのは本当に残念なことでした。WBC等でプロ野球の選手たちが必死に戦う姿に心動かされた人たちが多いのですから、代表の選手にはプライドを持って戦って欲しいです。それでも、若手中心のチーム編成で確かめられているプラス面もあると思います。まずはもう一つのチュニジア代表戦をきちんと戦って、その成果を16日の対アラビアンガルフ代表戦、23日の対韓国代表戦で見せてもらいたいと思います。ただ少し気になるのは、ラインアウトからのモールで押し込んだトライ以外にトライのパターンが少ないこと。地元のチーム相手に力任せに押し込むトライで勝っても、強豪国相手に同じ方法が通用するとは到底思えません。日本代表が目指すラグビーがどんなものなのか、帰国後期待と不安が入り交じる中、観戦させてもらいたいと思います。頑張れ、ニッポン!
posted by きりきり at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16302780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。