basic_white_banner01

2006年04月19日

サッカー(10)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグは18日、イタリアのミラノでACミランvsバルセロナの準決勝第1戦が行われ、バルセロナが1−0で勝ちました。ミランは好調インザーギ、ピッポが体調を崩して欠場、バルサはデコが出場停止、メッシ、ラーションも怪我で出場できない状況でしたが、やはりその混戦を切り裂いたのはロナウジーニョでした。バルサは後半12分、ロナウジーニョが個人技でボールをキープし、右足でゴール左へパス。フランス代表FWジュリが左足で豪快に決めました。まだわかりませんが、アウェーで得点を取って勝ったバルサの決勝進出が濃厚になったと思います。カンプ・ノウでの第2戦、インザーギ、ピッポが戻ってくるはずですが、バルサもデコが戻ってきます。今日はホームということもあり、ミランが攻め込んでいましたが、カンプ・ノウで同じゲームができるとは思えません。今日は1−0でミランが勝つのではと予想していましたが、これでかなり厳しくなりました。ジラルディーノ、シェフチェンコはもちろんですが、アンブロジーニの決定的なシーン・・・あれは決めないともうやだ〜(悲しい顔)。ロナウジーニョだけでなく、チームが集中し始めているバルサ。第2戦にも注目したいと思います。サッカー
posted by きりきり at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16760063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。