basic_white_banner01

2006年04月26日

サッカー(12)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグは日本時間の26日朝、アーセナルvsビジャレアルの準決勝第2戦が行われ、アーセナルがアウェーで0−0。第1戦の1−0を守りきり、初の決勝進出を果たしました。アーセナルは勝ちはしたものの、その試合運びは大変厳しいものでした。それでも、アーセナルはゴールを死守して連続無失点記録を10に伸ばし決勝進出。アーセナルは、スイス代表DFセンデロスが故障で離脱、代わってイングランドのキャンベルが先発。守備陣は決して万全といったものではなく、全員にミスが目立ちました。それでもFWフランコの再三のシュートミス、また後半44分に得たリケルメのPK失敗にも助けられ、ビジャレアルは万事休す・・・。快進撃もベスト4で終わりました。ビジャレアルは負けはしましたが、このチャンピオンズリーグでのチームの実力は本物でした。今日のゲームは完全に支配したものの決定力を欠いたため、アーセナルの方が上ということは間違いありませんが、可能性を感じさせました。これでアーセナルが決勝進出。決勝の相手はバルサが濃厚だとは思いますが、こればかりはやってみないとわかりません。世界が注目するゲーム、期待しましょう!サッカー手(チョキ)
posted by きりきり at 17:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17067542

この記事へのトラックバック

RIQUELME / アルゼンチン代表リケルメ
Excerpt:  【 CHAMPIONS LEAGUE semi-final 2nd -Tuesday 25 april 2006 】The second half 90' Riquelme missed ..
Weblog: HIROSHI SUZUKI 大都会BLOG
Tracked: 2006-04-27 01:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。