basic_white_banner01

2006年08月02日

競馬(7)

キング・ジョージVI&クイーン・エリザベスDS(GI)、ハーツクライ、残念でした。先日のブログにも書きましたが、ハリケーンランは3強の中で1つ力が上かなと思っていました。ただ瞬発力勝負になれば、勝機はあるかもと思っていたのですが・・・。夜、フジテレビの「うまっち」で観ていましたが、4角手前でハリケーンランの鞍上の手が動いていたので、エレクトロキューショニストとの一騎打ちだと思いました。ハーツクライの瞬発力をもってしても一気に引き離せないところに、あの競馬場の難しさがあるのでしょう。最後はスピードを如何に持続できるかという「タフ」なレースになりました。上位2頭は間違いなく強いです。凱旋門賞でディープインパクトがどう戦うのかは興味深いです。できればフォア賞で1回叩いての出走が望ましいのではないでしょうか。掛からなければ勝てると思います。ディープにとっては(ハーツクライにとっても)アスコットよりもロンシャンの方が戦いやすいでしょう(コースだけでなく斤量60.5kgは厳しい・・・)武豊騎手の鞍上次第ですが、瞬発力でハリケーンランを差しきるレースを期待しましょう。
posted by きりきり at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。