basic_white_banner01

2006年08月03日

ボクシング(2)

先日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦が行われ、同級2位の亀田興毅選手が、元WBA世界ミニマム級暫定王者のファン・ランダエタ選手に2―1の判定で勝ち、世界チャンピオンになりました。今回の試合は、ボクシングの試合という枠組みを越えた「イベント」のような感があり、試合開始前に1時間以上も亀田家に関するビデオが流れるような始末でした。私も個人的に亀田選手は強いと思っているし、チャンピオンになる資質を持っていると思いますが、この試合に関して、試合前からマスコミのあり方など、残念なことが多かったです。試合は初回、ランダエタ選手の右フックでダウンを喫してから、完全に劣勢でした。11ラウンドにはフラフラになって倒れてもおかしくなかった状態で、むしろよく倒れずに最後まで頑張ったといった印象でした。それに対してランダエタ選手は「ボクシング」をしていました。冷静に、勝つためのボクシングをしていて、完敗だと思いました。ところが、ジャッジは112―115、115―113、最後が114―113。2―1での判定勝利・・・。亀田選手がどうこうではなく、周りの「見えない力」を感じざるを得ませんでした。今回の試合は「負け」で良かったと思います。彼はチャンピオンになる力を持っているし、1度挫折を味わって再び世界挑戦に向けて頑張って欲しかった。それの方が、ファンにとっても納得いく結果だったと思います。インファイターのイメージが強いですが、あれだけ足腰が強くスピードがあれば、アウトファイターとしての方が大成するように思います(世間がこうあってほしいと思うイメージに負けなければ、の話ですが)。試合でも見せていたボディーブローは、世界で通用するはず。あのあと、さらにインファイトにこだわったことが多くのパンチを受ける結果になったのだと思います。個人的にはアウトファイトの方が力を発揮できると思います。判定は覆らないので仕方ありませんが、防衛戦で進化したボクシングを見せて、真のチャンピオンになって欲しいと思います。
posted by きりきり at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。