basic_white_banner01

2007年02月26日

ラグビー(46)

ラグビー日本選手権決勝、東芝ブレイブルーパスvsトヨタ自動車ヴェルブリッツの試合は、19−10で東芝が2年連続の優勝を果たしました。試合は序盤から東芝が押し気味に試合を進めました。両チーム接点の強いチームなので、激しい当たりが見られましたが、縦の攻撃とラインを使った防御で東芝が上回ったように思います。昨年に引き続き、東芝のドライビングモール、さらにはマクラウド選手のボディコントロールの巧さは抜けている感がありました。ただ、トヨタもモールで簡単には押されずよくディフェンスしていたと思います。昨年の「痛み」を忘れずに、ひたむきに練習してきた姿が見えるようで感動しました。東芝はHB団が日々巧くなりました。日本代表の候補にも選ばれているので期待して見ていきたいと思います。薫田、富岡体制が終わって、東芝は新たなチャレンジに向かうでしょう。昨日、秩父宮ラグビー場の観衆は18618人。前回のマイクロソフトカップ決勝に続き、大観衆が集まったことを嬉しく思います。最近のようにTL勢を中心とした好ゲームが続けば、さらにラグビーが盛り上がります。今年はラグビーのW杯もあります。日本ラグビーがさらに強くなれるように、今後も応援していきましょう。
posted by きりきり at 15:56| Comment(42) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ラグビー(45)

日本選手権準決勝は2試合とも予想以上の大差がつきました。秩父宮で行われた東芝ブレイブルーパスvsヤマハ発動機ジュビロの試合は47−10。東芝の接点での強さばかりが目立ちました。結局、東芝が今シーズンも最も完成度の高いチームであったと思います。ヤマハは時折良い攻撃を仕掛けていましたが、全部タッチラインに押し出されているように見えました。東芝が上手くディフェンスしているのはもちろんですが、それにしてもヤマハの攻撃には工夫がありませんでした。縦に強い選手がSO、CTBにいれば(いたとしても富岡、マクラウド両選手を崩すのは容易ではないと思いますが)、展開も変わったものになったと思います。いずれにしてもバツベイ不在でも、東芝のモールは強力でした。もう1つの準決勝、トヨタ自動車ヴェルブリッツvsサントリーサンゴリアスは39−17、トヨタの個々の強さと気魄が目立ったゲームでした。特に遠藤選手の強さは大畑選手不在のジャパンにも嬉しい話題だったと思います(世界のウィングは化け物揃いですが)。決勝の東芝戦にあたり、FW戦が1番の鍵になるでしょう。昨日の気魄あふれるプレーは良かったですが、オーバーザトップを取られるような入り方をしていると(いくつかひどいプレーがあたと思いますが)、自滅する可能性もあります。またBKに限ってみれば、トヨタのBK陣が縦攻撃で東芝BK陣に風穴を空けられるかがポイントになるでしょう。いずれにしてももう1試合、トヨタにはモチベーションを保ったまま試合に臨んで欲しいと思います。薫田、朽木両監督の為にも、そして日本ラグビーの発展の為にも、良いゲームを期待しています。来週は秩父宮に足を運びます。
posted by きりきり at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ラグビー(44)

マイクロソフトカップ決勝、東芝ブレイブルーパスvsサントリーサンゴリアス、観戦に行ってきました。試合前から観衆が多く、好ゲームの予感はありました。初めは「今日はいつもよりも入っているな」という印象でしたが、試合開始10分前くらいから「これは久しぶりの満員か」とワクワクしました。やはり観衆の多い中で、好ゲームが行われることは大切なことです。試合は前半、「風」に大きく左右されました。観客席でも風は強く感じましたが、旗の揺れとサントリー、東芝のキックから、グランドレベルでの風が尋常ではないことが感じ取れました。それでも前半は一瞬の隙を見逃さなかった栗原選手のインターセプト(ギャンブルには違いありませんが)とマクラウド選手のギャップを見つける判断力(ことらは完璧!)によって7−7。ラインアウトを研究し尽くしたサントリーが後半風上に立つことから、後半はサントリー有利が大方の予想だったと思います。前半から両チーム、ミスが多く見られましたが、それを帳消しにできるほどの緊迫感は感じられました。後半、東芝もラインアウトを工夫しだしたものの、風上で相手陣に入るサントリーの優位は、後半18分のバツベイ選手のハイタックルで止めるのがやっとのプレーに集約されていたように思います。あのシンビンの間にトライをとれなかったこと、さらにはPGはともかくとして、残り10分守りに入ったように見えたサントリーの隙を王者は見逃しませんでした。試合後の富岡主将の言葉にもあったように「最後は負けてもドライビングモール」・・・、見事でした。技術というより、気持ちで奪い取ったトライだったと思います。10年ぶりの秩父宮満員ということでしたが、本当にいい試合を観戦できたと思います。ただ、両チームともにミスが目立ち、まだチームとして未完成の様にも見えました。もう1回、対戦するチャンスが残されたのは偶然ではないと思います。その前に、互いにヤマハ、トヨタ(まだ決まっていませんが順当であれば)という壁が立ちはだかります。どのチームにもチャンスがある日本選手権ですが、2月25日、今季の日本ラグビーの総決算として、ミスのない2チームが力を出し切った形でのエンディングを期待しています。
posted by きりきり at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

ラグビー(43)

今週はマイクロソフトカップ決勝、東芝ブレイブルーパスvsサントリーサンゴリアスの試合が行われます。私も秩父宮に行ってきます。今シーズンはやはり2強だったように感じます。確かにトヨタ、ヤマハは良いチームでした。そして日本選手権では巻き返しも考えられますが、順調であればこの2チームが抜けているように思います。東芝の接点での強さ、サントリーの縦横無尽の展開は、日本ラグビーに希望を感じさせてくれます。TLとは違い、今回は晴天の中で行われそうな決勝です。それほどハイスコアゲームにはならない緊迫感あふれる試合になると思います。両チームの健闘を祈ります。
posted by きりきり at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

ラグビー(42)

ラグビー日本代表のHCであるエリサルド氏が、フランス1部リーグに所属するアビロン・バイヨンヌのスポーツマネジャーに就任することが決まったようです。契約期間などの詳細ははっきりしていないようですが、日本代表の指導と兼務する形になることに対して、クラブ側は強い拘束を求めています。日本協会は兼務を容認しているようですが、多くの日本ラグビーサポーターは納得いっていないと思います。エリサルド氏は「日本代表のスケジュールを優先する」と話していますが、本人はフランスに住んでいる状態。11月の07年フランスW杯アジア最終予選へ向けて、日本代表に携わる時間が少なくなることはあっても、増えることはないでしょう。ラグビー日本代表は難しい時期を迎えていると思いますし、今やるべきことをやっておかなければ、間違いなく衰退の一途をたどるはずです。エリサルド氏との話し合いが必要なことはもちろんですが、それにしても日本協会の対応にも首をひねらざるを得ません。先日のTLも白熱した試合が多く、これからの日本ラグビーに光明も差しています。W杯に出るだけでなく、勝てるチームへ・・・。日本代表を本気で強くする体制を作って頂きたいと切に願っています。

posted by きりきり at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ラグビー(41)

ラグビートップリーグ(TL)が開幕しました。9月1日の東芝vsNEC、雨で足場が悪そうな中、好ゲームだったと思います。東芝はSOに抜擢された吉田大樹選手がパントを自分で押さえて先制トライ。その後もFWで優位に立っていましたが、NECもヤコ・ファン・デル・ヴェストハイゼンを出してから、ゲームを支配する時間がありました。得点は17-10と最終的には詰まりましたが、東芝の強さが際だちました。NECも次戦からヤコを先発SOで起用するようなので、今後の戦いぶりには注目です。また、3日の神戸製鋼vsサントリー、三洋電機vsトヨタ自動車も好ゲームでした。特にサントリーは清宮監督が新人選手を多く起用、新しいチームを作ってきた感を受けました。神戸も大畑選手を欠きながら、後半30分までは勝敗の決めさせませんでした。新生神戸にも期待したいと思います。開幕週は行くことができませんでしたが、近々観に行きたいと思います。日本のラグビーが強くなるためには、TLがエキサイティングで、面白くなければいけません。チームや選手はもちろんのこと、協会の方々にも頑張って欲しいと思います。
posted by きりきり at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ラグビー(40)

ラグビートップリーグ(TL)の開幕戦まであとわずか2日、待ちに待ったラグビーの時期になってきました。開幕戦は注目カード、9月1日の東芝vsNEC。続く2日のヤマハvsクボタ、3日の神戸製鋼vsサントリー、三洋電機vsトヨタ自動車と目が離せない試合が続きます。その中でも注目したいのが、2日に行われるコカコーラvs日本IBMの試合。夏のプレシーズンマッチでは調子が悪くなかったコカコーラがどこまでチームを作ってきたのか、注目したいです。初戦で激突する東芝vsNECの両チーム、そして清宮監督になって完全復活の予感を感じさせるサントリーが頭一つか二つ出ていると思いますが、開幕戦が大きな鍵を握りそうです。国立競技場には行くことができませんが、今年は多く競技場に足を運びたいと思います。
posted by きりきり at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

ベースボール(15)

第88回全国高校野球甲子園大会は、早稲田実業の悲願の初優勝で幕を閉じました野球。熱い熱い大会を制した早稲田関係者の方々、また苦しい時期を乗り越えここまでチームを作ってきた駒大苫小牧の皆様には、心から拍手を送りたいです。ただ、大会後半、選手がつぶれてしまうのではないかと心配しました。4連投の斉藤投手は勿論、その他の選手が倒れはしないかと不安が頭をよぎりましたがく〜(落胆した顔)。連投連投の中で、鍛えられた選手が好プレーを連発するところに感動が生まれるのはわかりますが、準決勝の前で1日間隔を開けるなどしていく必要があるのではないでしょうか。4連投で将来がある選手を壊してしまっては取り返しがつきません。今大会がとても感動的であったことは良かったとして、今後日程等について検討をして、次大会さらに成功することを祈っています野球
posted by きりきり at 18:05| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

ベースボール(14)

今日のスポーツニッポンの1面の写真、「斎藤!早実の歴史変える 王手」という大見出しとともに載っていた写真。良い写真でした。今年見たスポーツ紙の1面の写真としては最も印象に残る写真でした。甲子園大会準決勝、早稲田実業vs鹿児島工の試合終了後、敗れた鹿児島工の今吉晃選手が早稲田の斉藤投手に笑顔で手を挙げ激励し、それに斉藤投手を初め早稲田ナインが皆笑顔で応えている写真・・・。先日の準決勝、6回2死3塁。代打で出場したムードメーカー今吉晃選手、気合いを入れて大声で挨拶する姿に甲子園はわきました。ここで打てば流れが変わる大事な場面、ムードメーカーの気合いに、斉藤投手は真っ向勝負のストレート145キロ。全力で空振り三振して悔しがる今吉晃選手を脇目に、いつもクールな斉藤投手が珍しく右手を突き上げました。真剣勝負の醍醐味を見たように思いました。先日、プロ野球オールスターで藤川球児投手が清原選手にストレートで勝負を挑んだのと同じような、勝負を「超えた」真っ直ぐさを感じました。私は個人的に高校野球を必要以上に賛美することには反対です。ただ、高校野球に限らず、選手が勝負の中で子どものように楽しんでいる姿を見ると、心に熱いものがこみ上げてきます。そういう意味で先日の勝負は清々しく、そしてこの写真も印象的にうつりました。スポーツニッポンがこの写真を1面で使ったこと、ここにスポーツ紙の記者の「目」があると思います。今日は決勝駒大苫小牧vs早稲田実業、どちらが勝っても悔いの残らない真剣勝負を期待しています!野球
posted by きりきり at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

ラグビー(39)

もう少しで始まるラグビートップリーグ(TL)のプレシーズンマッチで、サントリーサンゴリアスが昨季3冠の東芝ブレイブルーパスと対戦。29−7で快勝しました。清宮サントリーは夏の練習試合を5戦全勝、良い仕上がりのようです。清宮サントリーと叫ばれることは、監督も選手も望んでいないと思いますが、やはりそういう意味で注目されるのはやむを得ないところでしょう。こういった形でも、ラグビーが注目されることは大切なことではないでしょうか。東芝が主力を欠いている感がありましたが、層の厚い相手にセットプレーで優位に立ち、スピードで圧倒。新戦力がチームに馴染んでいるサントリーの完勝でした。東芝はマクラウド、富岡の両センターを欠いていましたが、久しぶりに立川選手が出場したようです。今季はこの2チームを中心にTLが動くと思います。清宮監督がどのようなチームを作ってくるのか、興味がありましたが、ここまで順調のようですね。今後も注目していきたいと思います。
posted by きりきり at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ベースボール(13)

今年の甲子園大会、ここまでドラマチックな試合が多いですね。大会ホームラン数の記録をあっさり塗り替えた理由に、バットの問題や暑さによる投手の疲れがあげられていますが、そういったことを抜きにして、野球の怖さ、おもしろさが凝縮した大会になっていると思います。一瞬たりとも気が抜けない、これがスポーツの醍醐味だと思います。今日でベスト4が出揃いましたが、準決勝は智弁和歌山vs駒大苫小牧、そして鹿児島工vs早稲田実業となりました。幾多の名勝負を乗り越えてここまで残った4チームです。プロ野球が、審判問題や人気低迷という暗いニュースであふれる中、「高校野球」としての新しいスポーツのおもしろさを切り拓いてもらいたいと思います野球
posted by きりきり at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

トライアスロン(7)

久しぶりのブログ更新です。お盆は実家に帰っていたため、多くのスポーツがありながら、すべてテレビ観戦。オシムジャパン・・・、強くなる兆しは感じられますが、まだその話は時期尚早。それならばエリサルドジャパンも強くなっているはずですから。サッカーもラグビーも、もう少し気長に待ちたいと思います。
さて、私はここ数日バイク(自転車)で走っていました。1日30kmくらいですが、大分慣れてきたように思います。先日120kmと自分としては長い距離を走ってきました。逆風と暑さでバテバテでしたが、何とか目標は達成できました。今年は足の怪我が思わしくないため、トライアスロンへの挑戦は難しくなりましたが、バイクだけは来年に向けて計算できるようにしておきたいと思っています。夏も残りわずか、しっかりとトレーニングをして体を鍛えていきたいと思います晴れ曇り
posted by きりきり at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

ベースボール(12)

ベースボールというよりも「野球」という感が強い、夏の甲子園大会が今年も始まりました野球。大阪桐蔭vs横浜高校という第1試合屈指の好カードもあり、その試合で中田選手がホームランを打つなど、注目される試合が続いていますが、今日は第1試合を観ました。栃木県の文星芸大附属高校と岡山県の関西高校との試合は、白熱した試合になりました晴れ。前半から関西高校が集中打を浴びせ、押し気味で試合を進めていました。それでも文星は6回に4点差を追いつき同点。しかし、その直後2本のホームランを浴びて5点差をつけられるという文星にとって苦しい展開。しかし粘る文星は8回に3点、最終回に4点取ってサヨナラ勝ち。野球というスポーツというより、高校野球というスポーツはメンタルな部分が大きく左右するものなのだということを改めて感じさせられる試合でした。関西のダース君の泣き崩れる姿と歓喜する文星ナインの対照的な姿が印象に残りましたたらーっ(汗)。ほんのわずかな部分が試合を分ける高校野球。今年も多くのドラマが生まれそうです。今後も注目してみていこうと思います野球
posted by きりきり at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

ボクシング(2)

先日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦が行われ、同級2位の亀田興毅選手が、元WBA世界ミニマム級暫定王者のファン・ランダエタ選手に2―1の判定で勝ち、世界チャンピオンになりました。今回の試合は、ボクシングの試合という枠組みを越えた「イベント」のような感があり、試合開始前に1時間以上も亀田家に関するビデオが流れるような始末でした。私も個人的に亀田選手は強いと思っているし、チャンピオンになる資質を持っていると思いますが、この試合に関して、試合前からマスコミのあり方など、残念なことが多かったです。試合は初回、ランダエタ選手の右フックでダウンを喫してから、完全に劣勢でした。11ラウンドにはフラフラになって倒れてもおかしくなかった状態で、むしろよく倒れずに最後まで頑張ったといった印象でした。それに対してランダエタ選手は「ボクシング」をしていました。冷静に、勝つためのボクシングをしていて、完敗だと思いました。ところが、ジャッジは112―115、115―113、最後が114―113。2―1での判定勝利・・・。亀田選手がどうこうではなく、周りの「見えない力」を感じざるを得ませんでした。今回の試合は「負け」で良かったと思います。彼はチャンピオンになる力を持っているし、1度挫折を味わって再び世界挑戦に向けて頑張って欲しかった。それの方が、ファンにとっても納得いく結果だったと思います。インファイターのイメージが強いですが、あれだけ足腰が強くスピードがあれば、アウトファイターとしての方が大成するように思います(世間がこうあってほしいと思うイメージに負けなければ、の話ですが)。試合でも見せていたボディーブローは、世界で通用するはず。あのあと、さらにインファイトにこだわったことが多くのパンチを受ける結果になったのだと思います。個人的にはアウトファイトの方が力を発揮できると思います。判定は覆らないので仕方ありませんが、防衛戦で進化したボクシングを見せて、真のチャンピオンになって欲しいと思います。
posted by きりきり at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

競馬(7)

キング・ジョージVI&クイーン・エリザベスDS(GI)、ハーツクライ、残念でした。先日のブログにも書きましたが、ハリケーンランは3強の中で1つ力が上かなと思っていました。ただ瞬発力勝負になれば、勝機はあるかもと思っていたのですが・・・。夜、フジテレビの「うまっち」で観ていましたが、4角手前でハリケーンランの鞍上の手が動いていたので、エレクトロキューショニストとの一騎打ちだと思いました。ハーツクライの瞬発力をもってしても一気に引き離せないところに、あの競馬場の難しさがあるのでしょう。最後はスピードを如何に持続できるかという「タフ」なレースになりました。上位2頭は間違いなく強いです。凱旋門賞でディープインパクトがどう戦うのかは興味深いです。できればフォア賞で1回叩いての出走が望ましいのではないでしょうか。掛からなければ勝てると思います。ディープにとっては(ハーツクライにとっても)アスコットよりもロンシャンの方が戦いやすいでしょう(コースだけでなく斤量60.5kgは厳しい・・・)武豊騎手の鞍上次第ですが、瞬発力でハリケーンランを差しきるレースを期待しましょう。
posted by きりきり at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

競馬(6)

日本は夏競馬真っ盛り、JRAは今年から「サマーシリーズ2006」と名づけて、「サマースプリント」と「サマー2000」のチャンピオンを決めるという新しい試みを行っています。夏競馬は実力馬が秋に向けて充電、という感が強く、そういう意味では画期的な試みだと思います。反面、ローテーションが難しく、しかもスプリントや2000mのチャンピオンを決めるのに「ハンデ戦」(何で?)が多いという課題も多く残されています。これらについては来年以降検討といったところでしょうか。
さて、海外に目を向けるとキング・ジョージVI&クイーン・エリザベスDS(GI)の枠順が確定、ハーツクライは前売り1番人気のハリケーンラン、2番人気のエレクトロキューショニストについで3番人気。6頭立ての為、展開に関係ない実力勝負となりました。ハリケーンランはともかく、エレクトロキューショニストには、イギリスの芝での瞬発力勝負でひけをとらないと思います。問題は斤量60.3キロ。これを克服できるかが課題だと思います。7月29日・・・、10月1日のディープの「衝撃」の前に、世界に日本馬の強さを見せて欲しいです。そして凱旋門賞で「有馬記念の再戦」を期待しています。
posted by きりきり at 13:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

トライアスロン(6)

最近、忙しくてスポーツ観戦もあまりできない毎日。インターネットやニュースでは情報は得ているのですが、詳しく観戦できずコメントすら憚られる状態です。ゆっくりスポーツ観戦したいですもうやだ〜(悲しい顔)
ということで、自分のことを少しだけ。先日、バイク(自転車)で50km程、知り合いが温泉にいるということで山の方へ向かって走ってみました。最近の雨のため、トレーニングもろくにしていなかったということもあり、前半30km位までは調子が良かったのですが、残り20km、山道に入ってからはバテバテ・・・あせあせ(飛び散る汗)。でも無事完走わーい(嬉しい顔)。少し自信がつきました。バイクで走っている途中、小さな子が手を振ってくれたり、普段ゆっくり見られないような田園地帯を通ったり、猿の群れが道路を渡っていたり・・・、多くの経験ができました。筋肉痛はないのですが、腰が少し痛みます。ちょっとずつトレーニングをして、またいろいろな世界が見られたら・・・。トライアスロンには程遠いですが、少しずつ体を鍛えたいと思います!
posted by きりきり at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

トライアスロン(5)

雨、雨、雨・・・雨。全国的に天気が悪いですが、私の住む地域でも天候不順が続き、思うようにバイクに乗れません。残念ですもうやだ〜(悲しい顔)。私はバイクもトライアスロンも初心者ですが、皆さんは雨の日にもバイクに乗るのでしょうか? 室内のトレーニングはできると思いますが、こういう日はどうしているのか、もし御存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願いします。
サッカーW杯も終わり、ラグビー日本代表も今ひとつパッとせず、今日の野球オールスターゲームも中止濃厚・・・。スポーツ紙は「ジダン」か「欽ちゃん」・・・、「差別発言」「フェアプレー」であったり、「集団責任」の問題であったり。でも、それもスポーツ。無責任なコメントは今は控えて、気持ちがまとまったら記事にしてみたいと思います。梅雨が早くあけることを願いましょう。
posted by きりきり at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

トライアスロン(4)

4月にトライアスロンの記事を書いて以来、ご無沙汰です。というのも、順調にトレーニングをしていた4月頃、急に古傷の足首が痛み出し、走ることができなかったからです。結局、今年もトライアスロン出場は口だけに終わりそうです。でも、今年はリハビリも兼ねて、少しバイク(自転車)に乗っています。まだ、10kmくらいをゆっくり走っている状態ですが、少しずつ走ろうかなと思っています。本格的にバイクに乗るのは初めてなので、いろいろと専門の方に意見を聞くと初めて知ることがいくつかありました。バイクは借り物ですが、最初に買った方が良いのは、アンダーパンツだそうです(買いました!)。お尻の部分に皮のようなものが入っていて、補強されているものです。これをつけないとお尻の皮がすり切れるようです。それから携帯用の空気入れ。また、ヘルメットは命を守る上で買うようにした方がいいと指導を受けました。最近は雨であまり走っていませんが、梅雨が明けたら少しずつ走りたいと思います(脱水状態にならないように「水」は必携です)。風を受けながら苦しいですが、自分の足で進む感覚が爽快です。トライアスロンにもつながれば、と思っているので、頑張りたいと思います!手(チョキ)
posted by きりきり at 14:50| Comment(2) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

サッカー(33)

サッカーW杯ドイツ大会が幕を閉じました。今大会決勝戦のイタリアvsフランスの試合は、多くの問題を残しながらも見応えのある試合だったと思います。イタリアがもう少し攻撃的な試合を組み立てるかと思っていましたが、結果的には「カテナチオ」がイタリアに優勝をもたらしたように思います。ミドルシュートの多い大会でしたが、結果的には守備力が勝敗を分けたように思います。決勝に到るまで今大会、多くの問題もありました。ポルトガルvsオランダの試合では、終了時に9対9で試合を行っているという異様な試合でした。レッドカードを出すことはやむを得ないこともありますが、審判の技術、ゲームをコントロールする力を高めて欲しいと思います。また、明るいニュースもありました。10代、20代前半の輝かしい才能が眼を覚ましつつあるということです。ボドルスキーだけでなく、ドイツのシュバインシュタイガー、オドンコール、アルゼンチンのメッシ、テベス、オランダのファンペルシー、ポルトガルのC・ロナウド、イタリアのデロッシ、ジラルディーノ、フランスのリベリ、スペインのフェルナンド・トーレスなどは間違いなく次代を担う選手だと思います。ジダンが去り、フィーゴが去り、中田が去りますが、もう新しい戦いは始まっています。2010年に向けて、より高度なサッカーが観られることを期待しましょう!サッカーサッカーサッカー
posted by きりきり at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。